レーザ発振器

 アウレアワークス㈱では、非破壊加熱に必要な出力、ビームサイズ、均一性を網羅したレーザ発振器をご提供いたします。光学調整を国内で実施していますので、レーザの品質が安定し、万が一の不具合も迅速に対応可能です。

 レーザ発振器を使い勝手の良い熱源としてお客様の加工に従わせます。

加工テストも承ります。

アプリケーション重視のレーザ発振器選び
アプリケーション重視のレーザ発振器選び
フラットトップレーザ

フラットトップレーザ
 Power < 12kW (CW) @915nm, 940nm, 980nm, (808nm)

 Homgeniety<3%

   

キロワット級ラインビームレーザ
  Power < 12kW (CW) @915nm, 940nm, 980nm, (808nm)

  Power density < 100kWcm2(CW)

超偏極希ガス生成用レーザ(SEOP用レーザ)

794.6nm, Ave.Power <500W CW

Linewidth <60pm, Circular Polarized

ロングパルスグリーンレーザ

Pulse Energy<5mJ, Pulse width=~250ns

Average Power<50W@10kH, 532nm

ファイバー付ダイレクトレーザ

Power<120W CW/Pulse, Fiber coreΦ=200~600μm

Flat Top Beam, High rep rate, short rise time

高出力VCSEL

Power density >1kW/cm2(CW), 3.5kW/cm2

Power >40W(CW), >100W(QCW)

高輝度パルスダイオードレーザ

Power Density<15kW/cm2

Peak Power<1.1kW, 808nm

パルス増幅器

Output Energy 50mJ~4J

Stored Energy 75mJ~2.6J