レーザフリットシーリング Laser Frit Sealing

低融点ガラスによる高気密・防湿のガラス封止技術

従来の紫外線硬化樹脂による封止ガスバリヤ性、耐透湿性問題があり、より信頼性のあるガラス封止技術が求められております。

 

フリットシール技術CRTのパネル-ファンネル間の接合に使われてきた長い歴史のある無機シーラント材料による封止技術あり、現在でもプラズマディスプレイパネルなどのシールにも使われている大変信頼性ある技術です。

 

レーザによる局所短時間熱処理の技術開発が進み、フリットガラス部のみを加熱し、他の重要なデバイス部には熱負荷をかけずにシーリングすることが可能になりました。

 

アウレアワークス㈱では、レーザフリットシーリング(Laser Frit Sealing)のご要求に応じたレーザプロセスのご提案をいたします。

特徴

  • 局所短時間加熱により有機材料への熱影響なし
  • 大サイズ対応可(サイズフリー)
  • 無機フリットシール材による高い密封性(防湿性)
  • レーザ熱処理による高スループット
  • フリットシールにより強固・長寿命

 

OLEDディスプレイパネルのガラス気密封止 Laser Frit Sealing
OLEDディスプレイパネルのガラス気密封止 Laser Frit Sealing
レーザフリットシーリング
フリット(Frit)の溶融固化状態を斜めアングルから見た写真

レーザフリットシーリング(Laser Frit Sealing)は、無機シーラントによる信頼性の高い気密・防湿シーリングが実現できます。有機ELディスプレイ、有機EL照明、ソーラーパネル等の長寿命化に貢献します。上写真は、白板ガラスへのレーザフリットシーリング。

合成石英レーザフリットシーリング
合成石英へのレーザフリットシーリング

 

合成石英へのレーザフリットシーリング。合成石英にもクラックが発生せずにフリットは溶融固化しています。

飴色の部分が溶融固化したフリット部分。

あらゆるのりしろサイズにあわせて、レーザビーム幅を光学設計いたします。

レーザフリットシーリング
ソーダライムガラスへのレーザフリットシーリング

ソーダライムガラスへのレーザフリットシーリング。ソーダライムガラスは熱膨張率が高いため、レーザといえどもクラックが入りやすく、慎重に加工パラメータを設定する必要があります。ソーダライムガラスへのレーザフリットシーリングにお困りの方はアウレアワークスまでお問い合わせください。

レーザフリットシーリング実験機概要

実験機外観
実験機外観

制御方法

RS232C PC制御orシーケンサー制御

駆動方式

リニアモータ駆動

ストローク

ご相談の上決定

最大加工サイズ

ご相談の上決定

 

※ご要求のシーリングサイズ、シーリング精度に応じて、レーザフリットシーリング加工機をカスタマイズいたします。

   レーザ照射エリア                  制御ユニット

レーザフリットシーリンング加工機(R&D用)寸法図  Laser Frit Sealing Machine for R&D
レーザフリットシーリンング加工機(R&D用)寸法図  Laser Frit Sealing Machine for R&D

※上記の加工機の寸法は一例です。

 

より詳細な資料をご希望の方、テスト加工をご希望の方は、弊社営業部までお問い合わせください。