レーザ光学系設計

 アウレアワークス㈱では、非破壊レーザ加熱に最適なビームサイズ・出力・均一性の光学系(ホモジナイザー、リングモード、波長狭線幅化)の設計を致します。

 非破壊加熱用レーザの光学系設計は、光源の仕様とワークの材料特性に応じて必要な入熱エネルギー均一照射を保証する必要があるため、一品一様の光学設計が不可欠です。

 また、非破壊加熱は加工条件範囲が狭いため、加工結果に応じてレーザビームの仕様変更に柔軟に対応する必要があります。

 さらに、海外製レーザをそのまま装置に組み込んだ加工機では、競合他社と差別化できず、価格競争に巻き込まれます独自の光学設計によって、光源(レーザ)を加工プロセスに最適化することで、性能と価格の差別化を実施して加工機の競争力を上げる必要があります。

 アウレアワークスでは、これらの問題を解決の上、かつ、光学系の高機能と価格競争力を両立させながらお客様の画期的なものづくりをサポートいたします。

YAGレーザ用ホモジナイザー

高出力パルスYAGレーザのビーム強度を均一化する光学系

YAGレーザによる省エネ・高品質アニールが可能になります

ダイオードレーザ用ホモジナイザー

キロワット級半導体レーザを均一化(フラットトップ化)する光学系

材料の大面積均一加熱、結晶の均一励起が可能になります

リングモード光学系

ハイパワーレーザをリング形状に成形する光学系

中心の加熱温度を下げられます

 

ハイブリッドホモジナイザー

2種類の違う波長のレーザをそれぞれホモジナイズしながら同軸同焦点同サイズで結像する光学系

2次元アレイVCSELのファイバーカップリング

2次元アレイ面発光レーザ(VCSEL)を高効率に1本のファイバーにカップリングし、点集光を可能にする光学系

レーザダイオードスタックの高出力化・高輝度化

 

複数のレーザダイオードスタックを合波する光学系

VBG外部共振光学系

半導体レーザの発振スペクトルを安定化・狭帯域化し、希望の波長で発振させる光学系

 

ファイバーカップリング光学系

 

高出力半導体レーザを光ファイバーにカップリングする光学系