放射温度計

レーザ加熱点の温度測定

非接触測定

高温(~2000℃)測定可能

 レーザ加熱温度を高速(20Hz)、かつ、正確(0.01℃)に測定することが可能です。

 レーザアニールやレーザ加熱等の非破壊加工では、材料の加熱温度管理が必要です。半導体レーザの発振波長と放射温度計の測定波長は全く異なるため、ランプ加熱のようなノイズの影響を受けることはありません。

 レーザビームと同軸光学系上に放射温度計を配置できるため、加熱点を正確なピンポイントで測定できる他、煩わしい位置調整も不要です。

 豊富なラインナップにより、0℃~2000℃の範囲を分解能0.01℃、周波数20Hzの速度で測定します。付属のPCソフトウェアで測定温度を容易に確認でき、設定温度範囲から外れた時にアラーム信号を出すことができます。

 

特徴

  • レーザ加熱点(150℃~2000℃)を分解能0.01℃、周波数20Hzの速度で測定します。
  • 非接触測定
  • スポット径をご使用のレーザスポット径に合わせて、かつ、レーザと同軸光学系で組み込み可能
  • レーザ光のノイズの影響を受けません
  • アラーム接点出力により加熱温度管理が可能
  • オプションで赤色ガイド光が内蔵でき、位置決めが容易
  • RS485計測により同時多点測定が可能

計測ソフトでデータの記録とパラメータ設定が容易

より詳細な資料をご希望の方は弊社営業部までお問い合わせください。